記事一覧

誕生会

ファイル 206-1.jpgファイル 206-2.jpgファイル 206-3.jpgファイル 206-4.jpgファイル 206-5.jpg

今日は6月の誕生会でした。
8人のお友達が1人ずつ自己紹介!
みんな、とっても恥ずかしがり屋さんで照れながらプレゼントをもらいました。
パネルシアター「魔法使いポポン」のお話にみんな夢中です。「プ~イプ~イポンポンポン」と呪文を唱えてパネルが変化すると笑い声が響きました。

ミニバスさん、ありがとう 4

ファイル 205-1.jpgファイル 205-2.jpgファイル 205-3.jpgファイル 205-4.jpgファイル 205-5.jpg

みんなできれいに、ペイントして乗車!!
園庭を回遊しました。

ミニバスさん、楽しい思い出がいっぱい出来ました。
本当にありがとう。

ミニバスさん、ありがとう。3

ファイル 204-1.jpgファイル 204-2.jpgファイル 204-3.jpgファイル 204-4.jpgファイル 204-5.jpg

無事故の感謝を込めて、ミニバスに絵の具でデコレーション大会!!

可愛い手でミニバスさんにボディタッチ、窓にも、ライトにも、ホイールにも…、ありとあらゆるところにベタベタ…。
ゆりぐみさんは「ありがとう」の文字も書きました。

ミニバスさん、ありがとう 2

ファイル 203-1.jpgファイル 203-2.jpgファイル 203-3.jpgファイル 203-4.jpgファイル 203-5.jpg

色んな所へ乗せてくれてありがとう。
先月は遠足にも行きました。
「ありがとうね。」とさくら組さんも可愛いお手手でバスをナデナデ・・・。
ミニバスさんもきっと喜んでいますね。
もう一度乗ってみて、「この席が好きだったな…」と、少し寂しそうなお友達もいました。

ミニバスさん、ありがとう!

ファイル 202-1.jpgファイル 202-2.jpgファイル 202-3.jpgファイル 202-4.jpgファイル 202-5.jpg

お弁当の日、遠足、プール遊びへと、いろんな場所に連れて行ってくれたミニバスさんとお別れ…😢
お友だちを安全に送迎してくれたミニバスと記念撮影会。
そして、今までありがとうの感謝のタッチをしました。

梅干し漬け

ファイル 200-1.jpgファイル 200-2.jpgファイル 200-3.jpgファイル 200-4.jpgファイル 200-5.jpg

梅干し漬けの最初の行程として洗う手順の説明を聞いて3~5人でグループを作りました。
1つの容器に水を貯めて梅の実を洗いもう1つの容器に洗った梅の実を入れました。
実のなり口の部分をきれいに取り除き更にもう一度水で洗いザルで乾かしました。
キッチンペーパーで水分を拭き取り、容器に入れて調味料を分量通りに入れて重しを乗せました。
初めて梅干しを作る子もいれば、家庭で作った経験のある子もいました。
手で優しく梅の実を傷つけないように汚れを落としていました。

梅拾い

ファイル 199-1.jpgファイル 199-2.jpgファイル 199-3.jpgファイル 199-4.jpgファイル 199-5.jpg

学童クラブで梅干し作りをするため、国見中学校に植えてある梅の木の梅拾いに行きました。
平成8年の国見中学校卒業生の記念樹として植えられたもので、お父さんやお母さん方が植えて下さった梅だと聞き、一つ残さず拾おうと一生懸命でした。
また、落ちてくるのは梅だけではなく、虫や葉も落ちてきたり、頭や体に当たったりして、”ワァーワァー、キャーキャー”言いながらの楽しい「梅ちぎり」でした。

遠足

ファイル 201-1.jpgファイル 201-2.jpgファイル 201-3.jpgファイル 201-4.jpgファイル 201-5.jpg

大隅アリーナに遠足に行きました。
滑り台を滑ったり、高いところへも平気で登ったり楽しく過ごしました。
お弁当もおいしく頂きました。

5月生まれの誕生会

ファイル 198-1.jpgファイル 198-2.jpgファイル 198-3.jpgファイル 198-4.jpgファイル 198-5.jpg

誕生者の子ども達6人、恥ずかしがり屋さんが多く自己紹介も声が小さくなってしまいましたが、皆からお祝いしてもらってとても嬉しそうでした。
出し物の”いるかな?いるかな?”ゲームにも隠れている虫を、蟻?だんご虫?と元気に答えてくれました。お名前ゲームも誰だろう?と夢中でした。

5月17日 不審者対策安全指導(訓練編)

ファイル 197-1.jpgファイル 197-2.jpgファイル 197-3.jpgファイル 197-4.jpg

さぁ、実践!
門の外から、不審な人がのぞいています。
いち早く気づいた子どももいました。

先生の「○△×…」という秘密の言葉を聞いた子ども達は、速やかに園舎に向かい始めました。

保育士はサスマタを持って、子ども達を懸命に守りました!

みんなが同じ部屋に集まり、緊迫した雰囲気に驚く子どもや不安そうな表情の子どももいましたが、「悪い人は、お巡りさんに連れていかれました。」という報告に安心した様子でした。

園では、毎月の火災や地震を想定した訓練以外に、このような訓練も行っています。